おうちで本格ハンドドリップコーヒーを淹れるために揃えるべき道具。

コーヒー

『家でも美味しいドリップコーヒーが飲みたい!』と思った時に、どんなコーヒー器具を揃えるべきか。

今回は丁寧に美味しいコーヒーを淹れたいと思った時に揃えるコーヒー道具について。

美味しいドリップコーヒーを淹れるために揃えるべき道具たち。

揃えるべき道具

コーヒーを淹れるための道具は、以下の7つ。

  • ドリップスケール
  • コーヒーミル
  • ドリッパー
  • ペーパーフィルター
  • コーヒーサーバー
  • ドリップポット
  • 温度計
アフィ太郎
アフィ太郎

不思議なことに、コーヒーってこだわりすぎるとどんどんいろんなことが気になってきて、更にはコーヒー器具もどんどん増えちゃいます!

でもまずはこの7つから揃えていきましょう!


ドリップスケール

ドリップスケールはいわゆるタイマーとスケールが一緒になったもの。

「コーヒー豆は、コーヒーメジャースプーンで量ればいいし、蒸らし時間も大体で、、、」

なんて筆者も最初思っていたのだけど、豆の量と蒸らし時間でずいぶん味が変わるので、しっかり量らないと気が済まなくなりました。

ドリップスケールは、必須道具のひとつです。

コーヒーミル

コーヒーミルは、コーヒー豆を挽く道具。

コーヒー豆は、挽かれた瞬間から酸素に触れる割合が多くなり、劣化スピードが格段に上がる。

コーヒーの香りが大好きな筆者にとってその違いは歴然でした。

やはり、コーヒーミルも美味しいコーヒーを淹れるためになくてはならないものです。

おうちで淹れるのであれば、電動ではなく手動で十分だと思います。

ドリッパー

ドリップスケールやコーヒーミルがなくてもコーヒーは淹れることはできるけれど、ドリッパーだけは絶対必要だ。

悩ましいことにドリッパーの種類はありすぎる。

最初に断言しておくと、ドリッパーの形状や穴の数など数え切れないほどの種類があるが、結局は自分の好みで選ぶことになります。

筆者はこれまで様々な種類のドリッパーを使ってきたが、安定して美味しいコーヒーを淹れられるのが、ハリオV60、王道のドリッパーです。

ペーパーフィルター

ペーパーフィルターはドリッパーに合わせて選びます。

真っ白な漂白タイプ茶色い無漂白タイプのものがあるが、味にこだわるなら漂白タイプの白いものをオススメします。

茶色いタイプはほんのわずかだが、紙の味・臭いがあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハリオ V60専用 コーヒーペーパーフィルター 01W 100枚入りホワイト VCF-01-100W
価格:374円(税込、送料別) (2022/1/8時点)

楽天で購入

コーヒーサーバー

コーヒーサーバーは、コーヒーを抽出するときに使用するサーバー。

2人分以上抽出したいときには必ず必要です。

基本的にはガラスで、メモリは細かく数字がついてるものもあれば、デザイン的にちょっと印がついているものなどいろいろ。

2人分程度ならこちらのサイズがおすすめです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HARIO ハリオ コーヒーサーバー400オリーブウッド VCWN-40-OV JAN: 4977642019324
価格:3237円(税込、送料別) (2022/1/8時点)

楽天で購入

ドリップポット

ドリップポットは、その名の通りドリップするために適したポット

具体的には、注ぐためのノズル・注ぎ口が特徴だろうと思います。

一言でいえば、お湯が細くゆっくりおとせるようになっています。

その他にも狙ったところにお湯を注ぎやすいとか、湯量を調節しやすいとか、いろんな言い方があるかもしれませんが、とにかくドリップしやすいというのがポイントです。

最初はなかなか安定してドリップできないのは当たり前のことで、淹れるたびに上達していきます。

温度計

最後に温度計。

コーヒーをドリップするときのお湯の温度をはかるためのものです。

これまで大量にドリップしてきた筆者のオススメ温度は88℃。

エグミがなく、まろやかな仕上がりになるので温度にはかなり気を使ってます。


最後に忘れてはならないのが、美味しいコーヒー豆を準備すること。

焙煎されてる珈琲店で新鮮なコーヒー豆を購入されることを強くオススメいたします。

最近では様々な産地のコーヒー豆が揃っているお店が多いので、選ぶ楽しさもありますよね。

是非7つの道具を揃えて、素敵なおうちでハンドドリップコーヒータイムをお過ごしいただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました